飛行機に乗る時のおススメの服装【女性】エコノミークラス

上級国民ではない、
一般庶民のわたしは、ほぼエコノミークラスを利用しています。

国内線なら乗っている時間が短いので、
それほど気にすることもないかもしれませんが、

国際線で長い時間を飛行機で過ごすとなると、
服装だけで大きく変わります。

特に女性はむくみやすかったりしますし、
冷え性の方も多いですから。

そんなわたしの小さな最低限のおすすめをさせて頂きます。

もはや定番!マキシ丈!ロングロング!

今更ですが、マキシ丈ワンピースかマキシ丈スカート。

マキシ丈スカートの場合はきつくないゴムが絶対です。
ほとんどの時間を座って過ごすので、
ウエストがキツイと圧迫されて、
気分が悪くなることもありますから。

エコノミー症候群を回避するために適度な運動を!と言われても

機内を少し歩き回ったり、
軽くストレッチ程度しかなかなかしづらいですもんね(^^;

本格的なヨガ等をされたら、それはそれで驚きます笑

ですのでやはり、
ウエスト周りを圧迫しないで出来るだけ寛げる、
ロングワンピース等がおススメです。

スカート、どうしても無理!な人は・・

お尻周りまですっぽり覆われている、チュニックを!
その下にレギンスなり、普段のパンツでもいいかと思います。

レギンスならばゴムなのでいいですが、
ウエストがぴったりのパンツ(ズボン)ですと、
ボタンを外して過ごせばそれでOKです。

※立ち上がる時に、ズボンがずり落ちないように注意してくださいね!

いずれにしてもスキニージーンズみたいなものは
出来るだけ避けた方がいいです!

機内で爆睡できます!という方なら問題ありませんが、
普段お布団で寝てリラックスできるようなパジャマ感覚で過ごせる服装が一番大切です。

これも定番!着脱しやすい上着

座席によって、風がめちゃくちゃ当たる時もあります。

なので一枚長袖の羽織もの(上着)のご用意を!

わたしはジップアップパーカーが気に入っています。

普通に着て過ごすもよし、
前から被るように、袖に手を入れてもよし、
そしてフード(帽子の部分)を被ってもよし。

フード部分を被ると自分の顔が周りに見えにくいし、
自分自身が周囲の環境にあまり振り回されることがないのでいいですよ。

もし暑い国に行かれるなら、
長袖必要なくない?と思われるかもしれませんが、

レストランやショッピングの際、
冷房が寒すぎることもありますから、

しわになりにくく、バッグに適当にいれてても大丈夫なものがおススメです。

女の敵!足のむくみと冷え問題

どこの国に行くのかもよりますが、
身体をあまり動かさないし、足を下に置いているのでどうしてもむくみがおこりやすくなります。

例えばわたしの友人ですが、
ロングブーツを履いて旅行へ行き、
着陸前にブーツを履こうとしたら、ジップ(チャック)がふくらはぎの途中で上がらなくなってしまったのですよ(^^;

こういう事を回避するためにも、
靴には少し余裕を持っていた方がいいです。

かかとのないサンダルでも素敵なものもありますが、
わたしがその姿で以前、母に空港に迎えに来てもらったことがあり、

「サンダルというより、スリッパ。みっともない~」と言われました笑

機内では使い捨ての紙のスリッパで過ごし、
むくみを想定してきつい靴は注意したほうがいいですね。

日本は真夏、旅先も真夏。靴下必要?

日本は真夏で、ビーサン(ビーチサンダル)で旅に出るよ。
旅先もビーサンですよって方もいると思います。

ビーサンはたしかに最高です。
足のむくみもほぼ気にせず履くことできますから!

ただ機内が予想以上に寒い・・
足先冷えて何度もお手洗いに行きたくなる・・ということをなるべく避けたいので靴下はあるに越したことはありません。

捨てちゃってもいいようなものでもOKです。

そこまで他人は自分のことを見てません。
ボロボロの靴下履いてるよプププププと笑う人はいないと思います笑
(もしいたとしても、体調管理が最優先です。笑わせておきましょう。)

むくみが半端ない!という方ならご存知の方も多いですが、
ひざ下までの着圧ソックスがいいです。

正直、ややかさばりますが、
膝上まである着圧ソックスよりはかさばり具合も違います。

まとめ

・お腹周りが楽な服装
・しわになりにくい上着
・むくみが出てても平気な靴

ざっくりと上記3点を意識されていたらいいと思います!

できるだけ飛行機で疲れたくないですもん。
わたしはエコノミークラスにしか乗ることほぼないので笑

快適な空の旅を!

元気に自宅に帰るまでが楽しい旅です(^^♪

今日もご覧くださり、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です