素人でもそれなりに飛行機の写真が撮れる!千里川土手は神スポット!

飛行機の滑走路

「オッケー、グーグル!」のCMをご覧になった方もたくさんおられると思います。

わたしはほぼ、引きこもり生活を過ごしていた頃
このCMを観て、初めて千里川土手の存在を知りました。
人生の大半を大阪で暮らしていたのに、北摂に縁がなかったわたしは全く知りませんでした。

元CAのくせに飛行機に嫌悪感を持ち、一切の興味を失っていました。
むしろ飛行機なんかみて、今更何が楽しい?という心理状況。

でもなんだか気になるし、時間もある。
というわけでほぼ引きこもり生活もさすがにと思っていたので、
およそ一カ月悩みあぐねた結果、意を決して行ってみました。

千里川土手ってそんなにすごい飛行機スポットなのか?

ネットの情報では、「日本で一番近くに飛行機を体感できるところ」というように書かれていました。
たしかに掲載されている写真はどのお写真も、もうプロみたいな感じでした。
わたしは写真の趣味はないし、どこかへ外出せねば人生ヤバいという気持ちの方が大きかったので
ただ飛行機見学だけが目的でした。

正直、そんなに期待もしてはいませんでした。
なぜなら元CAです、わたし。飛行機の構造とかしっかり勉強させられていましたから、
少しくらいの知識はあったからです。

飛行機を体感するっていっても、今まで十分体感してきたしね・・というのが本音でした。

CMで放送されてたし、大げさなんであろうという
黒い気持ちの方が大きかったのです。

千里川土手でガッカリした

普段からバシバシ写真を撮影するタイプでもないし、その上、写真を撮るのが下手なわたし。
もっとマシなのは撮れないのかしら。。。。

なんでわたしはこんなに写真撮影が下手なんだろうと・・・・
自分自身にガッカリしました。

上の写真はわたしがスマホで撮影したものです。しかもグレードもさほど高くないスマホ。

そんなわたしでもこれだけの距離で写真を撮ることが出来たのです!

そして飛行機に嫌悪感すらもっていたわたしでしたが、別の感情が湧いてきました。

千里川土手のボランティアの方々

大阪府豊中市にある、この千里川土手ですが、たくさんのボランティアの方のおかげで成り立っているんだなと痛感しました。

初めてこちらに行った時、ボランティアの方々のご尽力がすごいとただただ尊敬でした。

タイムス等のコインパーキングはあるものの、停められる台数には限りがあるので路上駐車が問題になっているようで

拡声器を持って、
『路上駐車はやめてください!!』とずっと声を張り上げておられました。

それでもやめない人がいるようで、ボランティアの皆さんが数人集まられて「たちが悪い感じだから、警察に連絡するしかないかも・・」という声が漏れ聞こえました。

正直、恨まれる可能性もあるのに、ここまでこの日本一の飛行機スポットを守ろうとされていることにただ感動のみ。

そして土日祝日はギャラリーも多いので、航空無線を使いながら
『もうすぐ羽田から大きいのがきます、帽子に注意してくださーい!』と注意も促してくださる。

正直、有料にしてもいいくらいなのではないかとすら感じました。

千里川までのアクセスとオススメ時期について

阪急電車の曽根駅から歩いて約30分(わたしの遅い足でいつもこのくらいかかります)。
アクセスは決していいとは言えません。

https://www.city.toyonaka.osaka.jp/machi/kukou/kukou_topics/access.html

土日祝日はコインパーキングでも停められない可能性大です。平日なら大方大丈夫な気はします。
※路上駐車は絶対にやめましょう!

そして季節ですが、やはり春や秋が一番です。
夏は日差しをさえぎるところはありません。長時間いるとしたら水分補給はこまめにしないと危ないと思います。
夜は夜で素敵ですが、川があるため、ボウフラや蚊が多いです。
なので十分な水分と虫よけスプレー必須です。

冬はめちゃくちゃ寒いです!!
カイロたくさん持っておきたいですね笑
そしてお手洗いは近くにはありません!!

卒業アルバムの夢は「スチュワーデスになりたいです」

飛行機なんてただの移動手段で大っ嫌いと言い放ち、自分のメンタルの不調をきたした原因をすべて飛行機のせいにしていました。
それが千里川土手に行ってから気持ちに変化が現れました。

小学校の卒業アルバムには
「スチュワーデスになりたいです」と書いたわたし。
見事に夢を実現させました。

にもかかわらず、CAになったからしんどい思いをしたと思い込んでいたことに気づきました。

飛行機のせいでもCAになったせいでもなく、何かにせいにして、逃げて、
自分を守ることにただ必死だったのです。
本当は自分の心の弱さに向き合わなかっただけなのに。

レジャーシートを持参して、ずっと座りながら滑走路を見つめている人。
小さいお子さんを連れて家族で楽しそうにしている人。
趣味なのかプロなのかわからないですが、高そうな立派なカメラを抱えている人。
色んな方がおられました。

理由はおいといて、
飛行機を観たくて、アクセスの悪いこの場所までわざわざ来ているんだなと。

それだけの魅力があるものだったのかと再確認したのです。

自分の本質というと難しいのですが、
飛行機のせいにして、飛行機なんて移動手段のみと公言していた。
元CAのくせに、飛行機なんて嫌い!と言い張り、自分はなんて愚か者なんだろうとその時、少し泣きました。

まとめ

千里川土手は飛行機好きだけでなくとも、とても素敵な場所です。
頭上を爆音と暴風で着陸してくる飛行機なんてなかなか体験できませんから!
家族はもちろん(小さいお子さんならちょっとびっくりしてしまうかもしれませんが)
カップルでも一人でも楽しめる場所です!

わたしはここで気づきが生まれ、
今でもストレスが溜まったりした時にはこちらにお世話になっております。
何もしないをするのにはもってこいの場所です。
(自宅に引きこもって悩むよりはずっといいです)

行かれる時は水分を忘れずに!

きっと純粋な心で楽しめる場所です。
この千里川土手を綺麗にいつまでも見学できるように、ゴミは必ず持ち帰りましょうね!

小さなことでたくさんの人が楽しめる場所ですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です