【超簡単】自宅のお風呂でサウナ気分|デトックスにも効果的!

お風呂、お好きですか?

わたしは実はそんなに好きではないのです。

でもスーパー銭湯や温泉のような広いお風呂は大好きなのです。

元々、汗をかきにくい体質なので
特に岩盤浴はとても魅力的な存在なのですが、そんなにしょっちゅう通えないのが現状です。

お金もかかりますしね(^^;

そこで超絶簡単な
家でも出来る自宅サウナ風をお伝えしたいと思います!

スーパー銭湯人多すぎな件

上にも書きましたが、
わたしは汗をかきにくいので、岩盤浴がすごい好きだったのです。

ですがそうしょっちゅういけません。

しかも平日は仕事なので、
どうしても土日祝日しか岩盤浴にもスーパー銭湯にも行けません。

土日祝日はものすごく混んでいるんです。
家族でも楽しめ場所であるから、仕方ないといえば仕方ありませんが。

できれば静かなところで
じわりじわりと額から滴り落ちる汗を感じながら、日常のストレスも流したいわたしには不向きな場所になってしまいました。

大きいお風呂に入りたいときは、
昔ながらの銭湯にたまに通っていましたが、
それもどうもしっくりこない。。。。

というわけで考え出した自宅サウナです。

CA時代の知識

現役の頃、立ち仕事だったので
足がむくんだり疲れがなかなか取れないときは、
安いコンビニで売っている日本酒を浴槽にいれることを教わってました。

たしかに身体はとてもあったまるし
気持ちお肌もツルツルするような気はするのですが、
それだけでは、

滝汗はかけなかったんです!!

しかもこの歳にもなると、
日本酒を少しいれたくらいではそれほどの効果も感じず・・(たしかにあったまるのはあったまりますが・・ツルツル感は皆無です。歳を重ねるってこういう時にしみじーみ感じますね(-_-;))

自宅のお風呂はなんか好きでないし、
土日祝のスーパー銭湯は混んでいて落ち着かないし、
昔ながらの銭湯では物足りないし。

そこで思いついたのが自宅サウナなのです。

超絶簡単!自宅で貧乏サウナのやり方!

簡単にさくっと言います。

★必要なもの★

①自宅に浴槽があること
②傘(できれば捨ててもかまわないもの)
③お湯

以上です。

わたしが図にしました。
以下をご参照ください。

この傘をさしてお風呂に入る。

できれば、日本酒をコップ一杯。または入浴剤をいれることをおススメします。

ここでアロマキャンドルに火をつけて、
お風呂を真っ暗にして、
ボーっとするのも相当おすすめです。

※火には注意してくださいね。

貧乏サウナでもスペシャルケアする方法!

最近、マイブームである『お塩』です。

★塩の使い方

半身浴しながら、適当にお塩を投入。
できれば最低でもあらじおがいいかと思います。

お好きな分だけ入れたらいいです。

浴槽に塩が溜まれば、そのお塩でマッサージしたら気持ちいいです。

ちなみにわたしは一掴みくらい入れています。
使っているのはヒマラヤ岩塩です。

お風呂専用のものもありますが、1㎏あるのでわたしは食用でもOKのものを購入しました!

★お酒

個人的に好きな『鬼ころし』の小さいパックを入れます。

わたしは日本酒は飲めないのですが、
このネーミングが好きなのです。

なんとなく邪気も洗い流してくれそうではありませんか笑笑

★オイルマッサージ

小さめの容器(なんでもいいです)に
ヒマラヤ岩塩とわたしはセサミオイルをいれて、
そしてアロマエッセンスを数滴加えます。

それで首や鎖骨あたりのリンパを流すようにやさしくマッサージします。

これらがなくても、
もちろんOKですが、少しアレンジするだけでとても気持ちいい空間になります。

汗のかきにくいわたしでも
滝汗です!!

まとめ

やり方は人それぞれであり、
自分が一番気持ちよくて快適な方法を試行錯誤するのも楽しかったりします。

本来ならばお風呂のお湯も
ミネラルウォーターや浄水器のお水を利用した方がよいそうです。
(お尻や股間は粘膜なので、塩素いっぱいのお水が普段よりも16倍も吸ってしまうそうです)

わたしは残念ながらここまでお金をかけることもできず、
自分のお財布と相談しながら楽しみながらリフレッシュする方法を日々探し求めています笑

塩は浄化作用もあり、身体もあったまります。
マッサージもできちゃいます!

あと、傘はできればもうクタクタのモノがいいかも知れません。
わたしはつい頂き物で増えてしまうビニール傘を使っていますが、

まぁぶっちゃけ、
なんでも大丈夫です!

科学的なエビデンスはありませんが、

自宅でゆっくりと汗をかいて、
良い香りに包まれて、
何よりも
リフレッシュできたー!!と思えることが大切だと思っているので、

興味がある方は是非マネしてみてください。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です