飛行機に乗る時知っておきたい!乾燥対策と持ち物について

機内です

「飛行機に乗るといつも風邪をひいてしまう」

そう友人から聞かれることがよくありますので、

飛行機での風邪と乾燥対策について、お伝えしていこうと思います。

せっかく旅に出るのに風邪はできれば引きたくないし、
風邪ももらいたくないですもんね。

これから飛行機に乗られる方の何かの役にたてば幸いです。

飛行機が風邪をひきやすい理由

冬に自宅やオフィスで加湿器をつける方も多いと思いますが、
それはだいたい、

風邪やインフルエンザになりにくくするためですよね!

ある程度の湿度があれば、病気ももらいにくくするためにしている方も
大勢おられると思います。

飛行機の湿度はなんと、

10~20%なのです!!

※boeing787型機は機内(客室内)にも加湿器がついているので
以前よりは各段に快適にはなっています。

が、しかし。

搭乗する飛行機がすべて787型機ではまだないのが現実です。

どうしても風邪をひいてしまいやすい環境にあるのは間違いありません。

そして女性に多く感じられる方が多いと思うのですが、
お肌がバリバリに乾燥して困っちゃう・・という悩みもあると思います。

一番簡単な方法は〇〇!

なーんだ、それだけかよ!と思われても仕方ありませんが

マスクをすることです。

マスクの中でも濡れマスクが一番効果が高いです。

濡れマスクがないなら、ハンカチ等を軽く水で濡らしてマスクと顔に挟み込みのもありです。
※息がちゃんとできるように調節してくださいね。子供さんは危ないので大人のみで。

それと機内のトイレの洗面所の水は絶対に使わないでください。

CAさんにミネラルウォーターをもらって、その水で浸してください。

トイレの水は決してきれいなものではありませんので、
直接顔に触れるようなものはミネラルウォーターを頂きましょう!

もしくは座席のそばに濡れたおしぼりを置いたりするのも効果的です。

またお水をこまめの飲むこと!

お水よりも白湯をもらって、少しづつ飲むことをお勧めします。
人間って息をしているだけで水分を出しているので、水分摂取は定期的に。

しかもエステのお仕事をしている方から聞いた話ですが、
お白湯を定期的に飲んでいる人は代謝がいい人ばかりなのだそうです!

普段の生活からも取り入れていきたいですね。

こんな方法も!

正直、わたしは苦手なのですが空気口を顔に当たるようにする方法です。
風を循環させることでウィルスが顔に付着しにくくなるので効果があります。

一見、乾燥を助長させる気もしますが、
顔って無意識のうちに手で触ってしまうので、できるだけ顔にウィルスをつけない目的なのです。

手ってなんでも触りますよね。
トイレのドアノブや、座席の手すり。
いくら気を付けていても手の菌を完璧に除去するのは非常に難しいですから、
なるべく顔には少しでもウイルスはつけないようにしたいものです。

お肌の乾燥対策は?

ロングフライトならば、すっぴんでこれでもかってくらい化粧水をつけておいて
乳液で軽く、お肌にふたをするようにするとずいぶん違います。

それでも乾燥してきたなー、
乾燥によってお顔が油っぽくなってきなぁと思ったらティッシュで軽くオフしてから

お気に入りのスプレーを頭の方からかぶるように
ふわっと顔にかけてみてください!

べたべたにつけたくなるところですが、そうしてしまうとさらに水分の蒸発が早くなるので
ふわっと軽くがおすすめです。

これは中距離フライトでお化粧してても使えるので、一度試してみてください。

※お肌によって個人差はもちろんありますので、参考程度にしてみてくださいね!

そしてあぶらとり紙を使うのはおススメしません。
取れるだけ顔の油を取ってしまうと余計に油だけ皮膚が出そうとして、
結果、水分はないのに油だけでギドギドになります・・・(;’∀’)
せっかく自分の顔から出た無添加の油分ですから、
取りすぎずに上手に活用しましょう!

お風呂に入れないから臭いが気になる?!

特に女性の方にこちらも多い気がしますが、
機内の密閉空間での香水をぶんぶんふるのは困ったものです(^^;

周りの方のことを考えて香水はおススメしません。

なので乾燥対策にもいいのは、ボディクリームです。

CAも香水はふれないので(会社によって違うかもしれませんが)
ボディクリームを使っている人が多かったです。

飛行機乗るためだけにボディクリームは買えない!
という方には、手持ちのハンドクリームを薄くのばしても使うのもありです。

最近は「スメルハラスメント」とかいう言葉もございますので、ご参考程度に。

さらにこれを持っているなお便利!

海外に行く方なら結構持参されていると思うのですが、

除菌アルコールウェットティッシュです!

座席のテーブルははっきり言って、
きれいとは言えません。イヤホンや毛布もです。

あまり神経質になりすぎるのは自分自身が疲れてしまいそうなのですが、
お手洗いに行ったあとにも使えるのであるに越したことありません。
ちなみにわたしは国内線に乗っても、テーブルを広げて何か作業する時は絶対に拭きます(^^ゞ

まとめ


旅行の行き帰りで風邪はひきたくないですよね。
それでもひいてしまう時はひいてしまいますが、少しの工夫で予防できます。
わたしは今まで何気なく時を過ごしていて自分の生き方然り、
少しの工夫で回避できたことがたくさんあったな…と思います。
もちろん、抗えないこともありましたが(^o^;)笑

飛行機って、旅で楽しみにしている人だけでなく、
色んな複雑な感情と隣り合わせで乗っている人もいます。

退職してから素晴らしさがわかるなんて、なんて大馬鹿者かと思います。

皆さまのフライトが少しでも
快適にリラックスして過ごすことが出来るよう、祈っています。

楽しいフライトタイムを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です