円錐切除術をする病院へ|高度異形成(CIN3)

2週間後には検査結果がでるというので、同じ先生で説明を聞きに行きました。あらかじめの自分の想像通り、手術が必要でした。高度異形成(CIN3)でした。

ただこちらのクリニックでは、手術をしていないので、紹介状を書いていただきクリニック経由で手術をしてもらう大きい病院の予約もしてもらいました。

円錐切除手術をしてもらう病院へ

あらかじめ、検診したクリニックから日時と時間を予約してくれていたので、大病院と言えども何時間も待まされることはありませんでした。(私が早めに到着したからなのかもしれませんが・・)

順序としては以下です。

  1. 初診の受付に行き、検診先クリニックからの紹介状とこの大病院の予約表と初診の問診票を書いて渡しました
  2. 産婦人科へ行き、また詳しい問診票を記入して、身長・体重・血圧を自分で測り、用紙が出てくるのでそれと共に産婦人科の受付へ渡す。
  3. ここから小一時間ほど待ち時間があり、診察へ。という流れでした。

改めて診察する内容は??

コルポスコープほど出血はしませんでしたが、こちらの大病院でも生検をしました検診時と同様痛みは特になく、時間も早く終わりました。

先生から手術の方法や注意点を教えていただき、手術の日も決めました。手術の時に持参する「同意書」もいただきました。そして手術前にもう一度診察があるのでその日程と時間を予約してもらいました。

その後、

  • 採血
  • 心電図
  • 胸部レントゲン

 

を自分で歩いて周り終わりました。意外とあっさりしているもんだなというのが印象です。内心はドキドキしていましたが。

コルポスコープって何??|子宮頸がん検診の再検査

一通りの検査終了後

入院に関する窓口へ行き、入院関係のパンフレットや、大部屋か個室の希望などを聞かれました。なにせ私は初めての入院なので色々お話しを伺っていると「入院に慣れない方がいいからね、気にしないでね」と職員さんがとても親切でこちらでもホッとしました

※私は大部屋を希望しましたが、日時関係で個室しか無理な時もあるそうですが、分かり次第連絡をくださるとのことでした。

そして費用の清算窓口へ行き少し並んでから、機械で清算。いくらくらいお金がかかるのかがわからなかったのですが大病院ならばATMも当然あると思い少額しか持ち合わせていませんでした。ですがカードも利用できたので心配無用でした。

 

予約の日時と時間について

クリニックで手術先の大病院へ予約をしてもらったのですが、検診後から約3週間かかりました。この約3週間は異常に長く感じて、下手に自ら自分を不安に煽ってしまい無駄なネットサーフィンをしては一喜一憂する日々が続きました。

なにせ無職なので、手術は今の生活の最優先にやりたい事だったので本当に長かったです。

それでも私は、

わたし
予約がとれる一番最速の日時で。いつでも行けますから!!

と強くアピールしても約3週間。私はこの待ち時間が精神的にきつかったです。おそらくコロナがあった為、普段よりも長かった可能性もあります。

 

まとめ

 

引きこもり気味(今はあえて引きこもり気味をしますが)、病気した時の強みは断言できます。
いつでも病院へ行ける時間があること!です!

初めての入院・手術で何かと落ち着かないですが、検診も大病院への予約も、そして手術の日程までも「いつでも大丈夫です!一番早くにお願いします!」と伝えました。

おかげで手術の日程はそれほど遠くない日時にしてもらえることができました。

フルタイムで働いている間は、いつでも入院手術OKとはならなかったと思います。これこそ引きこもり無職の強みでしょう!

 

引きこもりだって、マイナスな面ばかりではないんです。こういう小さな気づきが前向きに生きていこうという気持ちになれます。

今回は、引きこもり万歳だ!!

コルポスコープって何??|子宮頸がん検診の再検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です