変な人は生きずらい|自分を受け入れる方法って??

変わった人
不思議ちゃん
はっきりと変な人

わたしはずーっとこの言葉に傷つき、
苦しめられておりました。

自分が「変な人」と思ったこともなく、
出来るだけ、「みんなと同じがいい!!」と思って生活してきました。

生きる
ただ単純にそれがとても辛かったです。

変な人は生きづらい

変な人
そう言われることがとても嫌でした。

それを個性と褒めてもらうこともあれば、
仲間外れにされることもあったし、いじめられることだってありました。

わたしはそういうこともあってか、
知人のお医者さんに話したところ、
『そういうことを精神科とかで言ったら、そういう病名簡単につけちゃうところもあるから病院に診察行くのは辞めたほうがいいよ』と言われました。

大人のADHD
大人の発達障害

そういうことも色々考えました。

別に落ち着きがないわけでもないし、
子供のころから忘れ物をするタイプでもない。
どちらかというと時間も守る。

ただ他人の感情がわからないというよりは、
他人からどう見られているのかを恐れて生きてきました。

『この服、変だと思われないかな?』とか
『ここで変な発言したらバカと思われるかな?』とか。

結局のところ、
わたしに当てはまる病名があるのかは依然として謎のままです。

死んだほうがマシかもと思った日々

とにかく『普通でない』という自分を受け入れられず
変な人』で生きていくのが嫌でした。

一生懸命周りに合わせて、
むしろ自己犠牲的に生きている。

みんなに嫌われないように、無理してでも引き受けたり。

そういう時間を過ごしていると
本格的なうつ傾向に入っていきました。

携帯電話の電話帳はすべて削除し、電源もオフにする。

自分なりに普通にして人に認められたいと思っているのに
それができない。

もう何もかもが嫌になって、引きこもり生活にも突入しました。
もう生きていくのが本当に嫌になる時期もありました。

訪れた単純な転機

占いはお金払ってみてもらうほどではないけど、
テレビの占いを見るくらいでした。

そしてわたしはスピリチュアルというものが、はっきり言って嫌いでした。

知人が親しくしているスピリチュアルとかそういう人の
なんたら占術を鑑定をしてもらう機会がたまたまありました。

その方はテレビや雑誌には一切出ておられないのですが
半年待ちのような方だったので、知人経由で鑑定をお願いしてみました。

生きづらいよねぇ。だって女優気質だから

と。まぁまぁその辺りへ知人から聞いていたのかもしれないし。

が、しかしその後

『つるっとした感じの三代前のおじいさんがいる』と言われ、

父方か母方かはわからないということでしたが、
母方の実家には家系図がばっちりと残っており、しかも写真まで。

もちろん古い写真でしたが、
つるんとした感じのじいさんの写真がそこにあり・・笑

そしてその方に一年後に再鑑定

別の方法でわたしをみてもらったのですが、
録音もOKといってくださる良心的なところや、2時間ならその時間まで!とかでもなく、
次の方が来られるまで3時間弱いろんなお話をしてくれました。
(もちろん料金は一律なので細かい時間制限などさせておりません)

そこで言われた衝撃な一言

地球が初めてか、久しぶりに来たから、
地球の服を一枚も着ないで地球にきてるから生きづらいところだねぇ』と。

一年後でも思い出しましたよ。

わたしは、統計学的に

女優気質で生きづらい

そしてスピリチュアルで、

地球に初めてきたような人。

そりゃぁ生きづらいのも無理はないか・・

わたしは生きづらい星(地球)に生まれてきてしまったのね・・と。

なんだかとても不思議なのですが、妙に腑に落ちた感があり少しばかりホッとしたというか。そして『自分らしく堂々と!』と言われて心がスッと楽になったのです。

もう宇宙人として生きていくわ!

生まれ持った本質が女優気質であり、
スピリチュアルな部分は地球初めましてな宇宙人。

こう分かったからにはもう、
宇宙人として地球で生き抜くしかない!という単純な気持ちで自分を受け入れ成功。

そうでないと他人の目ばかりを気にして生きていかないといけない。

自己犠牲的に『善い人』であらなければならない。

そんなのは嫌だ!!卒業だ!!

宇宙人としての孤独ともこれで向き合うことも出来る。

まとめ

この地球はずる賢い人が得する環境になっているそうです。
たしかにたくさん意地悪い子やちゃっかりしていた女の子は、就職も結婚も順調そのものでした。

だからと言って腐るわけではなく、
自分の幸せは自分で決めるもんですよね。

戦時中ですら女のマウントの取り合いはすさまじかったそうです。
『オタクは誰も戦争に男をだしてないくせにデカい顔すんな!』とか普通だったそうで。

戦争や紛争、差別も永遠になくならないのかもしれません。
女のマウントの取り合いですらなくなってないのですからね(;’∀’)


宇宙人としてわたしはそれを受け入れて笑笑
力強く生きていこうと思います。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

ただ、次に生まれ変わることがあったら生きやすい星に産まれたいです~笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です